HOME>イチオシ情報>将来活躍できるプロを養成するための学校であること

就職実績でわかる卒業後の進路

ヘアメイク

専門学校を出た卒業生が、どのような仕事に就いているのかを知る最も簡単な方法が、就職実績です。ヘアメイク専門学校に限ったことではありませんが、専門学校は特に就職実績を重視しています。就職率を高めるための地道な営業活動を行い、学校の生徒を売り込む活動を行っています。その成果もあって、専門学校では高い就職率をキープし続けることに成功しているのです。どこの学校も95%以上の就職率を誇り、卒業生の殆どが各方面で活躍していることがわかるのです。ヘアメイクの学校の卒業生の主な就職先は、特に多いのがデパートのビューティーアドバイザーです。学校で学んだ知識を活かし、お客様をトレンドメイクで綺麗にすることで、コスメの販売実績につなげる仕事です。その他にも、スタイリストやブライダルヘアメイクアーティストなど、活躍できる場所は様々で、可能性を広げることができます。

充実したカリキュラムで明確なキャリア志向

ヘアケア用品

一年次には基本的なことを一通り学びますが、二年次からは専攻を決めて自分のスペシャリティを極めることができます。入学時点でどのコースに進むか決まっていなくても問題ありません。一年間じっくりと基礎的なことを学びながら、二年次の専攻をじっくりと決める時間的余裕が用意されています。そのため、焦ることなく自分の得意分野や興味のある分野を見つけることができるようになっています。ヘアメイク専門学校は、美容やヘアメイク、ネイルなどのトータルビューティーを学ぶことが出来るプロの養成学校です。教育のゴールはプロとして活躍することが出来る人材を育てることであるため、明確な目標を持ってキャリアを積み重ねることができます。

広告募集中